project

プロジェクト概要

project

あなたに会った時
その小さな手から暖かさを感じた
思い切り走ってきてはその可愛らしい笑顔で
私を迎えてくれた

決して忘れない
あなたと過ごした日々
あなたが私にしてくれたこと

それは私を元気づけ
だから私はここに戻ってくると約束する

子どもたちの命を守る手洗いを、世界に広めたい。

そこでサラヤが2010年にスタートしたのが100万人の手洗いプロジェクト。
石けんを使った正しい手洗いを広めることで、
子どもたちの命を奪う原因となる病気を予防する取り組みです。

支援先は東アフリカ、ウガンダ共和国。
対象となる衛生商品の売り上げの1%を寄付し、
ユニセフの手洗い促進活動を支援します。

about uganda

ウガンダ共和国について

about uganda

ウガンダで5歳未満児死亡率は、

1000人あたり55人

その原因となる主な病気は

正しい手洗いで予防できる

2006年まで20年以上もの間、武力衝突の場となってきたウガンダでは、水や手洗い設備などのインフラ整備が課題となっています。
衛生環境が整わない中で、正しい手洗いは子どもたちを病気から守る命綱となるのです。

produts

参加方法と対象商品

products

report

レポート

サラヤ100万人の手洗いプロジェクトは2010年にスタートして以来、乳幼児死亡率や5歳未満児死亡率の数値を改善してきました。
2015年に国連で採択された2030年までの持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて、石けんを使った正しい手洗いのさらなる普及を目指しています。